<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小倉祇園太鼓・打ち初め式

昨日、7月1日、小倉祇園太鼓の練習が解禁されました(^o^)♪小倉っ子の血が騒ぐ季節になりました。私も、生粋の小倉っ子なので、血が騒いでいる一人です(^o^;

この季節、毎年のことながら、仕事に身が入らず、社長から、『今月の売上、どうなっとるんや~~』とお叱りを受けます(-o-;;

d0053999_1758924.jpg

写真は、打ち初め式の風景です。参加団体が25団体、太鼓が50台(それ以上は置けないそうです)、土曜日(19時~)の商店街内で、通行客の迷惑を顧みず、行いましたp(^o^)q

私が参加する米町一丁目も参加しましたが、大人は全く叩かず、子供達が、大勢のギャラリーの前で叩く機会作りとして、利用しています(^o^)

当町内は、伝統を重んじ『怒る・叩く・殴る』を大切に守っています。どこのお祭も同じだと思いますが、町内メンバーだけでは人手が足りないので、いろいろな所から掻き集めます。

でも、その方たちにも、一歩、当町内に足を踏み入れたが最後、『挨拶の声が小さいと怒られ』、『道具を大切に扱わないからと叩かれ』、『練習中にふざけるなと殴られ』、戸塚ヨットスクールの乗りで練習をしています(^o^;

私たちも、その乗りで練習をこなしてきたので、全く違和感がありませんが、初めての親御さんやお子さん達からは、『何で怒ると~』とか、『何で叩くと~』と、クレームが入ります(x_x)

でも、この言葉を聞くと、さらにヒートアップして怒ります(^o^;

親御さんには『躾がなっていない』と、お子さん達には『何で怒られたか分かるまで太鼓を叩くな~』と。

この町内の伝統のために、被害者がいます(-o-)家の子(写真の子)です。1歳児からバチで遊び、3歳児からは本格的に太鼓を教えていますが、ちょっとしたことでも、怒られ・叩かれ・殴られしています。(現在5歳児です)
d0053999_17583113.jpg


指導者の子供ということで、他の子よりも厳しく(^o^;;

指導者全員には、シメシを付けるために、とりあえず厳しき接しろとお願いしたので、みんな、そのように対応してくれています。

その甲斐?あって、練習は、心地よい緊張感があります(^o^)

いつも、こっぴどく怒られるバカ息子ですが、太鼓が大好きなので、へこたれずに、いつも太鼓を叩きます。昨日の打ち初め式でも、一番叩いていました。

それを見ていた会長が、みんなの前でベタ褒めしたので、とても照れて恥ずかしそうでしたが、とても嬉しかったようです(^O^)

byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2007-07-02 17:59 | 私の日記