<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

富山に行ってきました。

日専連全国青年会の会議で富山に行ってきました。
富山と言えば「富山の薬売り」、富山市内で観光名所になっている「池田屋安兵衛」さんを覘いてみました。
d0053999_1964766.jpg

面白い名前の薬がたくさんあって、おもわず写真を撮ってしまいました。(笑)
S水
d0053999_198115.jpg
d0053999_1984588.jpg

○追加
富山城址や県庁、市庁舎の横を流れ、富山の街中を横断する「松川」は細い川ですが川下りの船があり、春には両岸の桜並木がすばらしいようです。
d0053999_12422269.jpg
d0053999_1243753.jpg
d0053999_12434118.jpg
ここの桜は樹齢50~60年経っていて、富山は風が強いのか幹がねじれたものが多かったです。長年の風雪に耐えた力強さを感じました。
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-10-22 19:10 | 私の日記

北九州各地の商店街イベント

昨日より、小倉中心部では、商店街お宝めぐりが行われています。この事業は、小倉城が主催する「小倉城祭」に協賛する商店街の行事です。組合店も含めて40店舗以上も参加する文化的大イベントです。小倉魚町を中心に、食市食座をはじめ、商店街を越えた、地域イベントが積極的に行われています。共同の販促事業が難しくなっている今日、商店街での事業は、こうした観光的地域活性化型イベントへと変わっていっています。黒崎では、「宿場祭り」が行われています。戸畑でも、「アミージアム中本町」という博物美術で商店街を歩いて頂こうという事業に取り組んでいます。小倉ほど大規模ではありませんが、行っています。何かに取り組んでいく姿勢こそ、商店街の証と思っています。日専連もこうした、地域行事に積極的にコミットして頂きたいと思っています。
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-10-16 09:36 | 北九州の商業

獄きみ

弘前青年会の赤石君から「獄きみ」が送ってきました。
「獄きみ」とは岩木山麓で取れるトウモロコシの愛称です。
「獄」は岩木山、「きみ」はトウモロコシのことだと思います。
早速、茹でて食べてみました。
岩木山の気候のおかげでしょうか、とても甘いトウモロコシでした。
d0053999_1731398.jpg

d0053999_17463652.jpg

岩木山は別称「津軽富士」といわれる津軽平野の中ごろにあって、どこからでも眺める
ことができる弘前の人達にとってはシンボルの山です。
標高1.625メートルの休火山で、古から霊山として信仰を集め岩木山神社という神社
もあります。
最後の噴火は文久3(1863)年で、山麓一帯には百沢、三本柳、獄、湯段といった温泉
があります。
その中の「獄温泉」に今回トウモロコシを贈ってくれた赤石君のいる「山のホテル」があります。
硫黄分の多い白っぽい温泉といい、風情があってとても良いホテルです♪
初代(赤石君の祖父)がマタギ(熊の猟師)と言うことで「マタギ飯」と言う名物料理もあり
ます。
興味のある方はネット販売もしているみたいですので「山のホテル」に直接お問い合わせ
ください。

S水
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-10-06 17:53 | 私の日記

こだわりの逸品です。

先日、仕事で鹿児島に行ってきました。ここ数年、真剣に呉服業界の将来をも議論してきた方が、こだわりの逸品を完成させました。
d0053999_18114485.jpg

大分の「竹功彩」(http://chikukousai.com/index.html)の制作で、ねじり編みの竹に漆を塗って仕上げしています。バッグの中は丹後ちりめん(絹100%)で、天目焼酎染めのきんちゃくを付けています。きんちゃくの表はえんじ色で中は深緑色を使用しております。持ち手部分は革仕様です。楕円形でサイズは約横22cm・縦24cm・巾10cmです。この世に1点しかないものです。

当社もプロデュースのお手伝いをしてきた関係で、こだわりの逸品を各種販売(卸がメイン)してきました。実際は、この世に出たモノより、ボツになったモノの方が、何倍もあります。だからこそ、製品化できたときの喜び、売れたときの喜びは、通常、流通させているものよりも格段にあります。

これからも、新製品が出来ましたら、ご紹介致します。

興味がございましたら、なぎさ本舗京都屋(siminukiya@taonet-sp.com)にお問い合わせ下さい。各種商品をご紹介致します。

byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-10-05 18:30 | 私の日記