<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花いっぱい運動への協力ありがとうございました!

今年の「花いっぱい運動」が無事終了いたしました。
小倉井筒屋さんの新館東側に飾っていました「ひまわりの花」を29日の朝に撤収してまいりました。
運動期間中にはコンサートやカブトムシクワガタのつかみ取り、釣堀、そうめん流しなどいろんなイベントが開催されていて、多くの人でにぎわっていました。遊びに来ていた方々にも可愛いひまわりの花を楽しんでいただけたのではないかと思います。
d0053999_189144.jpg
d0053999_18113328.jpg

関係者各位の皆様、お世話になりました!青年会のメンバーの皆様、お疲れ様でした!
d0053999_1812595.jpg


S水
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-08-31 18:15 | 青年会活動

行ってきました。

d0053999_1220392.jpg

昨日、芦屋サンドフェスタ2005『砂の美術館』に行ってきました。仕事が終わってからだったので、20時頃着いたのですが、人が多く、2年前に来たときよりも大盛況でした。

着いたときに、一番驚いたのは、メイン砂像(上記の写真)で結婚式(人前式)が行われていたことです。遠くからだったので、よく見えなかったのですが、暗闇の中で、スポットを浴びたウエディング姿の花嫁、本当に会場全部の祝福を受けているようで、とても綺麗に見えました。

d0053999_1226237.jpg

会場を回っていると、地元小学校や中学校の児童・生徒達による砂像もあり、地元に根付いたイベントであることがよく分かりました。

d0053999_12265869.jpg

d0053999_12272385.jpg

また、宮崎駿監督のとなりのトトロやハウルの動く城などの彫刻もとても人気があり、人が立ち止まり、デジカメや携帯で写真を撮っていました。ちなみに、私もその一人です。

d0053999_12281394.jpg
d0053999_12282868.jpg

ドラえもんやアンパンマン、キティーちゃんなどのアニメキャラクターもたくさんあり、子供達は大はしゃぎで見ていましたよ。記念撮影をしようとするお父さん・お母さんを困らしながら。我子もそうでしたが・・・(汗)

20時30分~50分の間、メイン砂像で行われる音楽に合わせたレーザー光線と花火のスペクタクルショー『音と光のページェント』、見応えありました。特に、かぶりつきで見ていたので、とても迫力がありましたよ。ただ、花火の塵が落ちてきて、目に入ったりしたので・・・!?この風景をデジカメのビデオモードで撮ったのですが、わがまま娘を抱っこして撮ったため、ブレがひどく、とてもアップできる状態ではなかったので、是非、皆さんの目で見て下さいね。

今日を入れて、あと3日です。是非、遊びに行ってください。特に、お子さんがいる家庭は、昼間行くと、エアプールや乗馬体験なども出来て、楽しいですよ。夏休み最後の思い出に、是非!?

byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-08-27 12:46 | 私の日記

日専連全国青年会長会議に参加してきました。

8月23日・24日、東京マリオネットホテル錦糸町東武で、「日専連全国青年会長会議」が行われました。北九州からは、日青連役員のSさんとTさん、それと自分の3人で参加しました。

参加者は、全部で48名、それを6つのグループにアトランダムに分け、2日間合計で、240分以上のグループディスカッション(懇親会を含めるとプラス120分)と60分のグループ発表がありました。

どの会も抱えている問題は似ていますが、それを前向きに打開しようとしているメンバーばかり集まっていたので、とても、アグレッシブで有意義な会議でした。いくつか、北九州会でも参考に出来る(参考にすべき)議題・提案もあったので、詳しくは、例会等で説明致します。

全国の、特に北九州市民の皆さんへの朗報は、来年、北九州で行われる全国大会(6月7~9日)のときに、北は北海道から南は鹿児島まで、青年会メンバーが地元の物産を持ち寄って、内輪だけでなく、どなたでも購入できるような形で、大物産市を行おうということになりました。しかも、メンバー同士で横流しをしている格安の値段で・・・!?

日青連での意見まとめや親会の了承など、まだまだクリアーしないといけない問題がたくさんありますが、Tさん中心にすべての問題をクリアーして、必ず、行いたいと思います。進捗状況など、このブログで紹介しますので、お楽しみに。

会長会議でのこぼれ話ですが、懇親会、居酒屋で行いました。そこで出されたおつまみに、小学校のときに給食で出された、ちょっと厚みのあるチーズが、ビニールが取られてないまま、ただ切っただけで出されました。『何や~これ~!!』という感情より、懐かしいという思いの方が先に出ました。一番最初に食べましたが、本当に懐かしいチーズであってチーズでないような味がして、淡い初恋???を思い出しました(笑)

byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-08-26 10:39 | 青年会活動

『ひまわり』の花がおもてなし!!

d0053999_12391871.jpg
日専連では、全国的に『花いっぱい運動』を行っています。活動内容は、地域の小学校や幼稚園などに花の苗や種を提供して、育てていただき、花が咲いたころに、商店街や商業施設の周りなどに飾らせていただき、賑わい作りを演出しています。また、作品(お花)を通して、作っていただいた子供達に仲間意識が生まれたり、街への興味が少しでも生まれれば、と考えています。

d0053999_12492638.jpg
今年も、小倉中央小学校の児童と小倉幼稚園の園児にご協力いただいて、栽培して頂きました。少しでも長い間、子供達が作った花を飾りたかったので、時間差で、種を植えてもらいました。いま、飾っているのは、先に種植えをした100鉢です。2週間後(8月20日)の予定で、入れ替える予定にしています。

d0053999_1240976.jpg
今年は、小倉井筒屋さんにご協力いただき、飾るスペースを提供して頂きました。場所は、新館の東側です。ベンチの周りに置かせて頂いたので、休憩のときの目の保養にピッタリだと思います。

d0053999_12403164.jpg
昨日、あとの『ひまわり』の育成状況を見に小学校へ行きました。1つのプランターに見慣れないモノを発見しました。何だか分かりますか?種類は分かりませんが、きのこ類の一種です。一緒に行っていた、緑政課のSさんもビックリしていました。きっと、子供達が一生懸命育てている『ひまわり』を枯らしてはいけないと思い、水やりのバトンタッチをした先生たちが、いっぱい水をあげたから、珍客がひまわりの横に来たんでしょうね(笑)

byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-08-12 12:50 | 青年会活動

祭が終わり・・・

「わっしょい百万夏まつり」が、6日・7日の予定を無事?終了し、終わりました。

「わっしょい子供フェスティバル」は、満員御礼で、とても心苦しかったのですが、入場制限をされたそうです。子供を連れて、見に行きたかったのですが、6日・7日とも、わっしょい関連の仕事があったので、見に行けませんでした。どなたか、様子と感想を教えて頂けたら幸いです。

「夏まつり大集合」に参加させて頂きました。特権で、色々なお祭を間近で見れたので、感想を言わせて頂きます。

d0053999_13395897.jpg
「八幡中央地区ネブタ」、前評判がとても悪かったのですが、実物を見てビックリ!!とても素晴らしかったです。5年前に産声を上げたばかりのお祭だそうですが、地域の皆さんが一体となって、作り上げているほのぼのとしたお祭でした。わっしょいのコンセプトにもピッタリと合ったお祭だと思うので、北九州市民全員で応援して、北九州を代表するお祭になってほしいです。

d0053999_13414857.jpg

「小倉祇園太鼓」、ショーアップが難しいお祭なので、ただ、練り歩いているだけ、というように観覧されている方には、見えたのでないでしょうか。運行スピードなども違うので、個人的には、サブステージ前とかで、市民の飛入り参加を受け入れるような形で、披露した方が、盛り上がるような気がするのですが。もちろん、「若松五平太ばやし」にも言えることですが。

d0053999_13411891.jpg「戸畑祇園大山笠」、幟大山傘から提灯大山笠への変化は見れませんでしたが、相変わらず、勇ましい、勇壮なお祭でした。ただ、運営側に責任があるのかもしれませんが、小倉の山車が、まだ、観覧席前を通過しているのに、大声で、提灯を持った方が「どけどけどけ~」と叫びながら向かってきました。本来なら、運行表にのっとり、運営側スタッフが動かないといけないことをお祭側の人間がすると、喧嘩の原因になると思います。この辺は、注意された方がいいんじゃないでしょうか。










「黒崎祇園山笠」、曳き回す様は、見る人を興奮させたと思うのですが、曳き回す予定のない場所で曳き回したりして、大幅に運行予定をずらしたようです。そのため、苦情がすごかったようです。400周年といっても、ルールは守らないと。

「若松五平太ばやし」、船を模した山車に、独特のリズム、見ているととても楽しくなってきます。とくに、小さい子達が叩いていると、特にそう思います。このお祭も、飛入り参加を受け入れて、披露した方が、盛り上がるような気がするのですが・・・。

「大里電照山笠」、すれ違っただけなので、あまり感想がないのですが、ずっと疑問に思っていたことが解決しました。バッテリーをどれくらい使っているのだろうと思っていましたが、発電機を積んでいました。だから最後まで、電飾が衰えないんですね。

あと、「夏まつり大集合」の最大の欠点は、お金を払って見ている人がいる、観覧席前に、10分以上の空白が出来ることですね。お金を払ってみているのだから、誰か、クレームをつけるべきですよ(笑)ちなみに、旦過前は、ずっと、どこかの山車がいて、とても面白かったらしいですよ。

「百万踊り」、一部・二部とも、前年度のグランプリチームが今年も、グランプリを受賞しました。特に、二部の北九州市女性体操クラブは、3年連続の受賞ですが、220名の参加者の皆さんが、一糸乱れる綺麗な踊りをしていました。本当におめでとうございました。

また、創作の部ですが、私が見た3年間の内で、一番レベルが高かったと思います。とくに、がちんこ親父軍団「絆」は、200名の参加だったのですが、とても綺麗な踊りをしていました。残念なことに、グランプリは逃しましたが、優秀賞を受賞しました。ちなみに、親父軍団という名から、むさくるしい親父連中ばかりの集団かなぁと思っていたら、若い女性もいたし、子供達もいたし、昔のお嬢様たちもいて、とても、華やかでしたよ。あと、西南女学院大学LUCISチームの皆さんには、躍動感だけでなく、目の保養もさせて頂きました。ありがとうございました。

ただ、その反面、アルコールを禁止しているのにもかかわらず、踊りと踊りの間の休憩のときに、飲んでいる団体がありました。某銀行だったり、某病院だったり、某一部上場会社だったり。本来なら、模範にならないといけない、団体が平気でルールを破るようでは、その会社のモラルを疑いますよね。
また、某銀行の提灯を持っていた方。とても情けなかったですよ。三本締めをしているステージに向かって、その提灯をかざした姿。そして、それを止めなかった同僚の皆さん。お祭だから、何をしてもいいというわけではないですよ。本当に、反省してほしいです。

またまた、個人的な趣味に走ってしまい、さらに、長々となってしまい申し訳ございませんでした。

byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-08-08 13:51

明日から『わっしょい百万夏まつり』です

『わっしょい百万夏まつり』の見所をこっそりとお教えしますネ。公式のパンフレットに載っているものもありますが、内部情報も織り交ぜて。

6日・7日、両日行われる『わっしょいこどもフェスティバル』では、やっぱり、キャラクターショーがお薦めです。6日は、女の子達に大人気の『ふたりはプリキュアMaxHart』があります。7日は、ちびっ子に大人気の『それゆけ!アンパンマン』があります。両日とも、1回目が開場12時30分、開演が13時、2回目が、開場16時、開演が16時30分です。その他にも、イリュージョンや元気な子供たちのパフォーマンスなどもあります。場所は、北九州芸術劇場大ホール(リバーウォーク北九州6F)で、入場は無料です。但し、定員(1,200名)になり次第、締め切りとなります。また、アンケート(塗り絵付きの)にお答え頂いた子供たちには、お土産もございます。是非、楽しいショーを見て、お土産をゲットしよう!!

6日19時~21時に行われる『夏まつり大集合』での見所は、やはり、戸畑祇園大山傘の幟大山傘から提灯大山傘に変わる所ですね。時間は20時から20時25分の間で、場所は観覧席前で行います。また、400周年を迎えた黒崎祇園山傘が8機揃い組みで参加します。あでやかな装飾と練りまわしは、絶対に見所ですよ。あと、小倉の祇園太鼓をゆっくり聞きたい方は、19時40分から20時までの間、みかげ通りの東映会館前で、停車演技を行うので、是非、見に来て下さいネ。ちなみに。私も参加しています。見かけたら、声を掛けて下さいネ。

6日のもう1つのイベント「わっしょいYOSAKOI北九州」は、市内外から50チーム以上の参加で行われます。特に見所は、18時から18時33分までの小文字会場(観覧席前)です。選りすぐりのチームによる演技があります。とても、見応えがありますよ。あと、各所行われていますが、13時から21時まで、小倉城会場(小倉城天守閣ステージ)では、ずっと、YOSAKOIの演技が行われています。時間がある方は、是非、足を止めて、色々な団体の踊りの違いに、酔いしれて下さい。

7日17時30分から20時30分に行われる『百万踊り』の見所は、同じ振り付けの踊りを全員で心を1つにして踊る所です。全国でも、これだけの規模の輪踊りはありません。多少、アレンジして出ている団体ありますが、個人的には、・・・。そして、もう1つの見所は、18時45分から19時10分まで、観覧席付近で行われる『創作の部』です。今年初めて、参加チームが二桁になりました。いままでは、数が少なかったので、全チームに優秀賞として、トロフィーをあげていたのですが、今年から、賞のグレードアップということで、グランプリ1チーム、優秀賞2チーム、ハッスル賞・パフォーマンス賞各1チームの5チームのみ表彰することになりました。出れば、トロフィーが貰えると思っていたチームが、目の色を変えてグランプリを目指し、練習をしているそうです。正調と違い、色々な踊りも楽しめるので、『百万踊り』の違った側面が体験できること間違いナシです。

『わっしょい百万夏まつり』のフィナーレを飾るのは、7日20時30分からの3000発の花火です。全国でも珍しい、水辺でなく陸上で上がる花火です。年々、警察の規制が厳しくなり、花火の大きさなど色々と規制されてきていますが、花火職人の創意工夫で、約30分間ファンタージの世界に誘います。なお、観覧の穴場スポットもございます。メールで問い合わせ頂ければ、お知らせ致します。よろしくお願い致します。(穴場をブログに載せると穴場ではなくなるので)

以上、長々とご説明しましたが、さらに詳しい情報がほしい方は、『なぎさ本舗京都屋』まで、メールでお問い合わせ頂ければ、お答え致します。よろしく願い致します。

Byイノリ
[PR]
by nsr-kitaq | 2005-08-05 11:28