カテゴリ:ひとりごと( 7 )

祇園の動画

昨夜の組合店納涼パーティで、日専連ベネフルの祇園太鼓動画がyoutubeにアップされていると言うことを聞いたのでご紹介します。^^

日専連ベネフルat小倉祇園太鼓

S水
[PR]
by nsr-kitaq | 2014-08-30 16:33 | ひとりごと

姉妹会の弘前青年会のブログ

北九州青年会と青森の弘前青年会とは姉妹会です。

これは、「北で一番元気の良い青年会は弘前青年会だ!」ということでお互いに研鑽を重ねる為に20年前に先輩達が姉妹会の締結をしました。
以来ずっと仲良くしてもらっています。

ほんとに元気の良い、人材に恵まれた会だと思います。
これからも一緒に切磋琢磨していきたいですね♪

その弘前青年会のHPをご紹介します。

對馬会長のブログ読んでみてくださいね♪^^

日専連弘前青年会コミュニティブログ

S水
[PR]
by nsr-kitaq | 2010-03-13 18:37 | ひとりごと

ひどいところでした。

れOす北九州って、ご存知ですか?

私は、幼馴染から、そこの営業の方を紹介され、いま、無料だから、登録してやって、と言われまたので、登録しました。

いま考えると、規約や退会の説明など全くなかったです。

話もだいぶ違っていました。メルマガを受ける人数のも伸びていないし、登録しているお店も増えていません。


5月に、担当の営業に、辞めるからという話をしたのですが、もう少し待ってと言われ、でも、状況が全然改善しないので、6月に辞めると言ったら、当月でという話になりました。

驚いたのはそれからです。なんと、7月分の請求が来ています。

18日にどういうことって尋ねたら、担当の営業が辞めたので、代わりの者が対応しますとのこと。すぐに電話があると思ったら、電話があったのは、18時以降(会議中だったので、出れませんでした)

翌日、電話を入れたのですが、また、なかなか、かかってきませんでした(-o-)

かかってきたら、退会の届けが出ていないとの話に…。
退会の届けを出してもらわないと、退会はできませんときっぱり言われました。
そして、22日午前中に、FAXするとの話になっていました。

22日夕方になっても電話もFAXもありません。

今日も会議があるので、その時にかかってきては困るので、電話入れると、今度は一転して、6月21日に退会届が出います。規約で、当月の退会ができないので、7月分は、お支払い頂かないといけません。

退会届、誰が書いたの?そして、規約の話の説明なかったよというと、『お渡ししているはずですが・・・。』

『読んでいない貴方が悪いです』と言わんばかりのお話でした。

さらに、「なぜ、その旨連絡くれなかったの」と言ったら、説明もなく申し訳ございませんの一点張り。きっと、面倒だったのか、忘れていたのでしょう。

普通の民間企業だったら、これでもしょうがないと思います。きっと、潰れるだけでしょうから。

ここは、社名も名刺に書かづに、ケータイモールれOす北九州運営委員会営業本部とだけある会社です。、しかも、『Let’sCity北九州』の冠をもらっている会社です。
北九州市民の皆さん、こんなことでいいのでしょうか?

久しぶりに頭に来たので、思わず書き込みました。

私の愚痴に、お付き合い頂きまして、ありがとうございましたm(_ _)m


M.I
[PR]
by nsr-kitaq | 2008-09-22 18:47 | ひとりごと

ふざけるな~~~

私的に使うことをお許し下さい。
合わせて、汚い言葉が出てくるかとは思いますが、ご容赦下さいm(_ _)m

私は、自宅で、KDDIのひかりoneに加入して、インターネットをしていました。

先日、フレッツ光が使えるようになったので、切り替えようと思い手続きをしました。
その時も、加入したときに見たチラシに載っている番号に電話すると、プロバイダーに直接電話しろだとか、プロバイダー(もとのDION)に電話すると、解約は別の場所に電話しろだとか、タライ回しにされました。

解約するのだから、しょうがないかなぁと思っていました。(4月7日のことです)

4月10日午後から、急に、電話もインターネットもつながらない状態に(>_<)

気づいたのが遅かったので、4月11日(金)に問い合わせをしたら、いかにも、こちらのミスでつながらなくなっているかのように、状況確認と説明をさせられました。(言われるようなチェックは電話する前に確認しているのに)

結局原因が分からないままだったので、調査するので、分かり次第、連絡するとのこと。

先ほど、お電話がかかってきました。

解約手続きの工事が早まったので、使えなくなっているとのこと。
「なんで、なんで、なんで・・・」

解約手続きのときに、13日までは使うので、14日の工事にしてほしいと伝えたのに!!

調査をした方の話では、解約手続きの部署が、今日と明日休みなので、工事が早まった理由等は、14日にしか分からないとのこと。

耳を疑いました。
同じ会社内で起こっていることなのに、状況が分からないし、復旧もできないとのことです。
すべては、その部署が動く14日を待てとのことです。

解約手続きをしているとはいえ、まだ、加入者である人間に、不便をかけていることも十分理解せず、あと2日間、我慢しろというのです。

久しぶりの強者の論理に、開いた口がふさがらなかったです。

故障、修理の部署に問い合わせの連絡を入れているのに、その部署が手を出せない「不通」の状態があるなんて(x_x)

個人的には、2度とKDDI系列は使わないと思いました。

きっと、14日の午前中に、担当者から電話があるのでしょうが、正直、どうでもいいという感じです。これほど、対応の悪い会社、久しぶりに触れました。

こんな愚痴に、最後まで付き合って頂いてありがとうございました。


KDDIやめておいた方がいいですよ!!

[PR]
by nsr-kitaq | 2008-04-12 16:00 | ひとりごと

子育て・親育ち

先日、娘が、保育園で顎にケガをしました。

当日、妻が体調不良だったので、仕事を早めに切り上げて、私が保育園に行くと、所長先生、主任先生、担任の先生から、代わる代わる『ごめんなさい』の連呼(^o^;

ケガをした状況については、園庭で遊んでいる最中のできごとで、担任の先生含め、誰も見ていないとのこと、また、ケガをした本人も、覚えていないとのことでした(x_x)

最寄りの総合病院は、国立病院なのですが、女の子の顔(正確には顎)に、キズを残してはいけないとの配慮で、腕がいい先生がいると評判の北九州総合病院の形成外科に連れて行ってくれたそうです。

結果、5針を縫う、大ケガ?

d0053999_9362415.jpg


個人的には、騒ぐほどのケガではないような気がするのですが・・・(-o-;

私には、先生たちの『申し訳ないことをしてしまった』という気持ちが、十分伝わってきましたし、また、その後の配慮も、十分過ぎるほどのものがあったと思います。

確かに、ケガをさせた責任は、保育園にもあると思いますが、日ごろの遊びり中で、親が教えておかないといけないことも、たくさんあると思います。だから、保育園でケガをした時も、親にも責任があると思います。

それを棚に上げて、いろいろと話を聞いていると、擦り傷をさせただけで激怒する親やさかむけした所に薬を塗っていないだけで、怒る親もいるそうです。同じ親として、本当に情けないです(;_;)

子供は、ケガをすることで、『危ない』ということを覚えると思います。それも、勉強だと思います。また、けがをした時に、親は、ギュっと抱きしめ、『大丈夫だった』と聞いた後、危ないことをしないように、諭すべきです。

そうして、子供も親も成長していくものだと思います。
前にも書いたと思いますが、親は子供を育てていく上で、『共育』していかないといけないと思います。つまり、親と子供で、いろいろな壁にぶつかっていき、周りの意見などを聞きながら、共に育っていかないといけないと思います。

上から目線の『教育』やその場の感情だけの『躾』では、けっして、まっすぐな子供は育ちません。親の背中を見て、子供は育ちます。子供のことを大切に思い、真剣に考えている姿、子供に見せてあげましょう。

そして、子供の成長=親の成長となれるように、頑張りましょう\(^o^)/

by mine
[PR]
by nsr-kitaq | 2008-02-14 10:12 | ひとりごと

昨日の続きです!!

今日の朝、妻の一言にハッとしました(-o-)

『忙しいんだから、ちょっと待って』、『お母さんは、忙しいの』

昨日の今日だけに、出勤時間が迫る中、子供とお話しをしました。

大人からみたら、たわいもの無いことかもしれません。でも、子供は、『いま、聞いてほしい』、『いま、してほしい』、『いま、自分に振り向いてほしい』と思っているはずです。そのときに、応えてあげるのが、親の役目だと思います(x_x)

そして、そのときの話し方、仕草に、きっと、シグナル(助けてほしい~~などの)が、隠れていると思います。

今日の場合、単純にダダをこねていただけですが、それでも、一度、子供の目を見て、話しを聞いてあげて、そして、諭してあげて(忙しい理由を)、それから、行動するぐらいの余裕、ほしいですね(^o^)

スピード社会の現代だからこそ、こういうところに、ゆとりを持ちたいですネ(^o-)-☆

このゆとり、きっと、何倍にもなって、子供の成長という形で、帰ってくると思います。

また、私のひとりごとを最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

シリーズ化の予定はないので・・・(笑)
[PR]
by nsr-kitaq | 2007-10-12 09:55 | ひとりごと

考えさせられました(-o-)

私の大好きな先輩のお子さんが、登校拒否になったそうです(x_x)

その先輩の日記を引用させて頂きます。

> 小学四年生の長男が朝登校して、学校の近くまでくるとお腹が痛くなって我慢が出来ずに家まで戻っきたそうです。

医者に行って薬をもらって飲んでも次の日も、また週明けの昨日も今日もだめ。鈍い親も、とうとうこれは変だと気が付き、もしや「イジメ」!と胸がざわつき不安にかられましたが、朝数時間泣くのをなだめつつ聞いたり、担任の先生や同級生に確認したところ、誰か特定の人に苛められたりした事実は絶対に無いとの事。

授業には出たがっているし、給食も食べたがっている(笑)のに、じゃぁなぜ?とまったく想像がつきませんでしたが、女房が今までの経緯や、じっくり話を聞いたところ、親が言うのは非常に恥ずかしく、お父ちゃんとまったく違うのですが、長男はクソまじめで、曲がったことが嫌い。しかも先頭に立って音頭をとりたがる絵に書いたような優等生(^^;;;

先生が居ないところで同級生達が、まぁたぶんたわいも無い、いたずら的なことをしたり、サボったりふざけたりする度に「そんなことしちゃだめだ」と叱って居るそうなんですが、低学年の頃はまだしも四年生にもなれば「なんだよウルせーな。良い子ぶるなよばーか」となるのは火を見るより明らかで、そんな事が積もり積もってストレスになり、ついに耐え切れなくなったという推察に行き当たりました。本人もうなずいたそうです。


なんちゅう…。あきれて物が言えないというか、繊細すぎるというか、なんと声をかけたらよいやら思い当たりませんでした。


女房は「見てみぬふりをせず、間違っていることを注意してあげるのはとても大切なことだけれど、一度言っても聞いてくれなかったら、もうそこで良くない事が起こっても、その子の責任なんだからそれ以上言わなくても良いんだよ。自分が辛くなるまで言わなくても良いんだよ。」と言ったそうです。なかなか良い事いうなぁ。

午後になればお腹の痛いのもおさまり、機嫌も良くなります。

ただただギュット抱きしめ見守る事しか出来ないおとうちゃん。
急いて学校に無理やり行かせるよりも、行きたくなるまで待ったほうが良いとは思うけれど、あんまり長引くとこちらもつらいなぁ…。



全国の仲間からは、解決法というより、励ましと応援の声が寄せられています。

私もその一人です。

とても、繊細な問題ですし、自分のことに置き換えて考えたとき、何と声をかけて良いのか、本当に分かりません。

私は、子供と接するときに、いつも言っていることがあります。『世界のみんなが敵になっても、お父さんとお母さんは、味方だよ』って!!何がどう間違ったのか分かりませんが、『自分の子供は、自分で守るしかない』っていう世の中絶対におかしいと思います。

少年犯罪の増加、何を考えいるか分からない若者達、すべて、大人の責任だと思います。

子供は、大人の背中・行動を良く見ています。しかも、大人の何倍の感性で!!

悪いことを悪いと言える大人、どれだけいるのでしょうか!?タバコを吸っている中学生、見て見ぬフリをしていませんか?路上で、大声を上げて騒いでる子供達、注意していますか?

誤解を招くのを覚悟で言いますが大人は舐められています。怖い大人がいないから、子供は捻じ曲がるのです。

私の生まれ育った町内には、怖い親父さんたちが、沢山いましたし、いまも沢山います。自分の子も人の子も分け隔てなく、悪いことをした時は、怒る殴る、良いことをした時は、褒める抱きしめる。私も、若いとき、悪さを沢山しましたが、一線を越えなかったのは、そのお陰だと思っています。

いまこそ、大人が大人として、規範を示し、子供達にメッセージを示すべきだと思います。

私は、町内でも、近所でも、子供達からウザイと思われていると思います。平気で、自分の子供以外でも怒鳴るし、叩くし・・・(^o^;;でも、憎いから、嫌いだから、怒っているわけではありません。最低限の道徳、それを教えているつもりです。

私が、周りいた親父さんたちから教えてもらったことだから、いま、周りにいる子供達に教えてあげたいと思います。


最後に、先輩にエールを送らせて下さい。

お子さんのことを中心に考えて、お子さんのために、頑張って下さい。大声で叫んでも、聞こえないと思いますが、心から応援しています。『頑張って!!』

先輩のお子さんへ

あなたのお父さんは、全国にたくさんの友達・仲間を持っています。そのみんなが、あなたを見守っています。そして、あなたの味方です。

無理は絶対しないで下さい。勉強の価値、学校に行く価値、そんなものあなたの存在という価値からすると、見えなくなるほど小さいものです。

お父さん・お母さんが守ってくれます。安心して下さい(^o-)-☆

読んで頂いた皆さんへ

最後まで、私の独り言に付き合ってくれて、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by nsr-kitaq | 2007-10-11 23:08 | ひとりごと